ひまわり

e0100772_22153925.jpg

昨日、南幌町を通りかかった時に広いひまわり畑を見かけました。
ぱっと見、10ヘクタールもあろうかと思われる広さ一面がひまわりの黄色に彩られていました。
こんなにも広いひまわり畑を見るのは久しぶりです。

ひまわりといえばすぐに思い浮かぶのは、「ひまわり」という映画です。
1970年公開のイタリア・フランス・ソ連の合作映画です。
マルチェロ・マストロヤンニとソフィア・ローレンが主演し、監督はヴィットリオ・デ・シーカです
そして、なによりもヘンリー・マンシーニによる哀切を帯びた主題曲が今も胸に迫ります。

1970年(昭和45年)は私が中標津町に赴任、社会人として一歩を踏み出した年ということを思い出しました
年を数えれば遙か昔のことですが、ひまわりを見て呼び起こされる思い出はつい昨日のように感じます。




[PR]
# by kitanonezumi | 2017-10-10 22:34

秋色深く

暑かった今年の夏の反動のように、速いペースで秋が深まっていくようです。
昨日は雪が飛んでいるのを見ましたので、来週には平地でも初雪があるかもしれません。

街路樹のナナカマドの実が真っ赤に色づきました。
「秋色深く」を感じます。

e0100772_17301161.jpg

[PR]
# by kitanonezumi | 2017-10-09 17:30

ギンリョウソウ(銀竜草)

昨日、お彼岸の墓参りに行ってきました。
お彼岸の最終日とあってか、墓参の人影もまばらで、その分ゆっくりとお参りができました。
自分の父母の墓に参った後、別の場所にあるかみさんの実家のお墓にも参りました。
林の中にある小規模の墓所です。
道すがら、珍しい植物が生えているのを見つけて、よく見るとギンリョウソウでした。
e0100772_22065338.jpg
シャクジョウソウ科の多年草。腐生植物としてはもっとも有名なものの一つです
葉緑素を持たず、そのために葉も茎も花も白い、不思議な植物です。
光合成ができないので、ベニタケ属菌から栄養をうばって生活しています。
見ようによっては不気味な姿のために、別名ユウレイタケとも呼ばれています。


[PR]
# by kitanonezumi | 2017-09-26 22:23 | 植物

函館旅行-3

北海道新幹線の現在の終点である新函館北斗駅と、その駅前で観光客のお迎えをしている「ずーしーほっきー」です。
北斗市の公式キャラクターとして平成25年にデビューした「ずーしーほっきー」は、ゆるキャラというより、キモカワイイ感じです。
モデルはホッキ貝の握り寿司とのことですが、その特異な風貌ゆえに注目を浴びているようです。
はこだて未来大学の学生さんたちが主となって考案したデザインとのことですが、まさしく私たち老年からは到底でてこない発想でしょう。
e0100772_21203585.jpg


[PR]
# by kitanonezumi | 2017-09-25 21:21 | 旅行

函館旅行-2

五稜郭公園へ行って見ました。
ほぼ、7年ぶりです。当時よりも賑やかで、観光客も増えているようです。
新幹線の効果でしょうか?
子どもに五稜郭の全体像を見せたくて、五稜郭タワーに上りました。
e0100772_21423550.jpg
東京スカイツリーよりもずっと低いけれど、展望台での気分は同じです。
お天気が良かったので、五稜郭の全体をはっきりと見ることが出来ました。
公園の中を歩いている人が、ゴマ粒のようです。
e0100772_21423481.jpg

[PR]
# by kitanonezumi | 2017-09-17 21:45 | 旅行