春山遠望

今日は朝から素晴らしく晴れ上がって、いよいよ本格的な春の訪れを感じさせる一日でした。
庭に植えてあるブルーベリーやツツジの木を移し替える作業も、天気がいいと捗ります。
遠くにはまだ雪をいただいた山々が、立ち並ぶ家々の屋根と電信柱、クモの巣のようにはりめぐらされた電線のあわいから見えました。
300mmの望遠レンズ(APS-Cのデジカメですから450mm相当になる)で撮ると、かなり近くに迫って見えますが、実際はかなり遠いです。
いちばん右側の山が手稲山、その左が奥手稲山、そしていちばん左側が余市岳だと思います。
e0100772_2135174.jpg


4月に入ってから週休ほぼ5日の生活が始まりました。
いろいろとやらなければならないことが溜まっていましたので、今のところはけっこう忙しく過ごしています。
せっかく増えた休日の有効利用の一つとして、毎週水曜日に公民館で開催されている囲碁教室に入ることにしました。
講師による大盤を使った30分ほどの解説の後、幹事が決めてくれた組み合わせでの対局があります。
ほぼ5年ぶりの囲碁対局(対局というほどのレベルではないのですが・・・)久しぶりに頭の中を真っ白にして盤面の石のことだけを考える時間は
爽快そのものでした。一週間の中で楽しみのある節目が一つ増えました。
[PR]
by kitanonezumi | 2009-04-09 21:52 |


<< お母さん 黄昏 >>