タワー

周囲の景色とは似合わない、円筒形の高い塔がにょっきりと立っています。
場所は札幌市中央区北2条西18丁目、築年数の多そうな平屋の住宅やマンション、会社や役所のビルなどが混在している地域です。
この不思議な塔は、札幌管区気象台のレーダー・タワーです。塔のてっぺんのドームの中にレーダーが収められています。
以前は気象レーダーとして雨や雪を降らせる雲の観測に使われていましたが、札幌市内に高層建築が増えて観測に支障がでるようになったため、
現在は小樽市毛無山に設置された気象レーダーに取って代わられました。今では、札幌管区気象台の目印としての役割が大きいのでしょう。
e0100772_21341883.jpg


今日、職場の仲間と一緒にちょっとした祝い事のためにグランドホテルのランチ・バイキングで昼食を摂りました。
世の中、不景気の真っ最中と言われながらも客席の8割ぐらいは埋まっていましたが、客層はご多分にもれず女性客が圧倒的でした。
きっと旦那に昼食代としてワンコイン(500円)を渡して送り出した後、主婦仲間で連れ立ってお食事にきているのだろうなと考えてしまいました ^^。
普段は愛妻?弁当もしくは正にワンコイン定食で昼食をすませている私なので、4食分の代金の元をとろうとするのはやや無理がありました。
[PR]
by kitanonezumi | 2009-04-17 21:56 | 建物など


<< シンメトリー ハシブトガラ >>