牧歌の像とキタコブシ

4月も終わりに近づき、桜の開花も間もなくという頃なのですが、昨日は朝から霙混じりの冷たい雨と、時折り雪も降る寒い一日でした。
かなり強い風も吹いたので、札幌駅前の咲き始めたキタコブシの花が飛ばされてしまったのではないかと心配でした。
今朝、札幌駅を出て見に行ったのですが、風の被害はそれほどなかったようで、満開の白い花々と牧歌の像がとてもいい雰囲気でした。
e0100772_2383032.jpg

駅前に群れているハトの糞で牧歌の像もかなり汚されていたのですが、昨日の雨・雪できれいになっていました。
ホルンを吹いているおじさん、いやお兄さん像も力強く春の訪れを奏でているようでした。
暖かい日が続いたかと思ったら寒さの揺り戻しがあったりで、一進一退のようではあるけれどいつの間にか色とりどりの花が咲いている、
それが北海道の春だと言えるでしょう。
e0100772_23183024.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2009-04-27 23:18 | 札幌


<< 北を目指して 笑わさる >>