たなびく若葉

e0100772_22493140.jpg

北海道大学の中央ローンへ行ったら、もう芝生は青々として緑の絨毯のようになっていました。
シダレヤナギの長い枝に若葉が芽吹いて春風に揺れていました。
一ヶ月後にはヤナギの若葉も大きくなってハルニレの葉も繁って、中央ローンは緑に染まります。

ブタ由来の新型インフルエンザがメキシコで流行し、世界各地に飛び火しているようです。
確かにまだ分からないことの多いウィルスですが、日本ではまたぞろマスコミの過剰反応がいたずらに恐怖を煽って、
国民の不安をかきたてて風評被害を招くのではないかと心配です。
毎年、冬から春にかけて流行するインフルエンザと比べて、特別に毒性や感染力が強いということでもないようなので、
冷静に対応すればいいのではないかと考えます。
[PR]
by kitanonezumi | 2009-04-29 23:16 | 札幌


<< 水芭蕉 北を目指して >>