エンレイソウ

水辺で春を告げているのがミズバショウなら、林の中で静かに春の訪れを感じさせるのがエンレイソウだと思います。
エンレイソウといっても幾つかの種類があって、白い大きな花をつけてよく目立つのがオオバナノエンレイソウです。
自宅から大麻駅までの途中にある沢の林の中に、ことしもオオバナノエンレイソウが沢山咲いています。
e0100772_22475645.jpg

類似種のミヤマエンレイソウよりも花びらは丸みを帯びていて、雄しべは雌しべよりも長いのが特徴です。
北海道大学の校章にも使われていることから、北国の花というイメージが強いのですが、本州や朝鮮、中国などにも分布しているそうです。
e0100772_22525889.jpg

花を違う角度から見たら、花の玉座に鎮座しているミミズクがいるような感じに見えました。
エンレイソウには森の精が宿っているのかもしれません。
e0100772_2334111.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2009-05-10 23:04 | 自然散策


<< 延齢草 和みのひと時 >>