延齢草

ふつうにエンレイソウというと多くの人は白い花のオオバナノエンレイソウを思い浮かべると考えられますが、本物のエンレイソウは別にあります。
花びらは小さく紅紫色で、とても地味な姿なので、林の中でも見落としてしまうくらい目立ちません。
種子から花が咲くまで10数年もかかるといわれ、その長さが延齢草と名付けられた由来だそうです。
でも、いい名前だと思います。
e0100772_23333363.jpg


トヨタの苦悩
4月の国内新車販売台数が発表されました。
1位から7位までスズキとダイハツ、ホンダの軽自動車、および普通車ではホンダのインサイトとフィットがランクされ、
トヨタは8~10位までに甘んじています。ヴィッツ、カローラ、ウィッシュの主力3車種を合わせてもホンダのインサイトとフィットの合計に達しません。
これまでの常勝トヨタが嘘のようで、陥っている苦境の深刻さがしのばれます。
アメリカのビッグ3と同様に、驕れるもの久しからず、なのでしょうか。
[PR]
by kitanonezumi | 2009-05-11 23:43 | 自然散策


<< 谷間のサクラ エンレイソウ >>