樹間の夕日

日がずいぶんと長くなりました。
犬たちの夕方の散歩は毎日ほぼ6時半になったら出かけます。
先月は既に陽が沈んで薄暗かったのですが、いまはちょうど日没のころにあたります。
夕焼けや沈む夕陽を見ると、なぜか無性に写真に撮りたくなります。
いつもの夕陽や夕焼けとそれほど違っているわけではないのですが、やはり同じではありません。
人生において同じ時、同じ一日が無いのと同じですね。
e0100772_21565224.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2009-05-16 21:57 | 自然散策


<< 朝日に匂う 今朝の札幌駅前 >>