アケビ(木通)

e0100772_22194231.jpg

昨年ご近所から小さな株をいただいて庭の端に移植していたアケビが、知らない間に花を着けていました。
直径1cmほどの小さな花が房状に咲いています。拡大してみるとなかなか面白い形をしています。
アケビは雌雄異花で、写真は雄花であることがネットで調べて分かりました。こんど雌花を探して撮りたいと思います。
また、アケビは薬用植物としても名が通っていて、ツル性の茎は木通とよばれて利尿作用、抗炎症作用などがあるそうです。実を乾燥させたものは木通子と呼ぶそうです。
アケビのツルは丈夫なので編んでカゴやいすなどを作るのに利用され、アケビ細工というとのことです。
なかなか役に立つ植物です。というか、薬としての効能を見つけたり、細工に用いたご先祖様に敬意を表したいと思います。
[PR]
by kitanonezumi | 2009-05-25 22:38 | 自然散策


<< ミヤマオダマキ 空き瓶鴉 >>