黄金山

e0100772_2130926.jpg

浜益の市街地に入る手前、右手の方にものすごく目をひく山が見えます。
まるで富士山の6,7合目から上を切り取ってきて、ぽんとそこに置いたようです。
帰宅してから名前を調べたら、黄金山で標高は739.1mとのことで、地元ではやはり黄金富士または浜益富士とも呼ばれているそうです。
さらに、この山は古くからこの地方に住んでいたアイヌの人達にとって守り神的な神聖な山として敬われてきており、
アイヌ語名はピンネ・タイオルシベとのことです。そうした由来も含めて、今年になってアイヌ文化に関連する名勝として指定されました。
高さも手頃なので登ってみたい気もしますが、登り一辺倒で傾斜もきつそうなので、ダルダルの現状では無理そうです ^^;
[PR]
by kitanonezumi | 2009-07-08 21:58 |


<< 二分三裂 望来浜 >>