傷口

どういう事情があったのかは分かりませんが、大きな家の一部を解体した後の壁が修復されずにそのままになっています。
傷口が生々しく剥き出しになっているようで、見ていて胸が痛みます。
e0100772_21561011.jpg



都議選の結果、まずは一安心ってとこでしょうか。
こんどは衆院選ですが、8月30日の投票日なんて、9月10日の任期満了のわずか10日前です。
もはや総理大臣としての面子を保つためだけのための解散権の行使というわけで、情けなくないのでしょうか。

都議選の圧勝を喜ぶ民主党の様子が、4年前の郵政選挙に圧勝した自民党の様子とダブって見えます。
奢らず、高ぶらず、浮つかずに、冷静に次の衆院選に臨み、政権交代を実現して欲しいものです。
謙虚に、ねばり強く、誠実に諸施策に取り組んで、今の日本社会が抱えている多くの傷口を着実に修復してくれることを願っています。
[PR]
by kitanonezumi | 2009-07-14 22:44 | 建物など


<< 山法師 原色系 >>