長岡花火大会-その2

事前に準備をして、その気で花火を撮影したのは今回が初めてでした。
使用機材はカメラがCanon EOS30D、レンズがEF-S17-85mm f4-5.6 IS USM、リモートスイッチRS-80N3です。
桟敷席だということが分かっていたので、三脚はVelbon CX 460miniを持ってていきました。
カメラ雑誌などでは花火の撮影は難しくないと書いてあり、設定はマニュアルとし、絞りはf11でシャッターはbulbで5~10秒の露光とありました。
実際には花火の種類や距離によって露光時間を加減しないと駄目なことが分かり、ほとんど山勘でスイッチを押していました。

全部で517枚を撮影しましたが、きれいに写っているのは2~3割くらいでした。
それらの中から良さそうなのを選んで何回に分けてアップしますが、ほとんど自己満足の写真ですので、スルーした方が時間の節約かもしれません。

午後7時15分が打ち上げ開始で、空にはまだ青みが残っている時間帯でした。
若干の雲が残っていましたが、おおむね晴れのいい天気で、月も顔をのぞかせていました。
e0100772_23193072.jpg

風が左から右へ吹いていましたので、花火も右方向へ流れ気味でした。
しかし適度の風があった方が花火の煙が早く流れ去るのでいいようです。
e0100772_23221952.jpg

ほとんど切れ目なしに打ち上げられていましたが、打ち上げが途切れたわずかの間も観客は固唾をのんで待っていました。
何ヶ所か打ち上げ場所がありましたが、真正面の方向がメインの打ち上げ場所でした。
e0100772_23262650.jpg

10号玉の打ち上げ花火です。
e0100772_23281651.jpg

スターマインの一部です。
e0100772_23291796.jpg

花火の開く場所が一定していないので、全体を画面に収めるのに苦労しました。
ズームレンズのいちばん広角側17mm(35mm判換算で27mm相当)ばかりを使いましたが、大きな花火などではもっと広角が欲しかったです。
e0100772_23365346.jpg

e0100772_2337952.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2009-08-05 23:38 | 旅行


<< 長岡花火大会-その3 長岡花火大会 >>