新潟への小旅行-その10:せんべい王国

一泊二日の短いけれど見所が盛りだくさんで長く感じた新潟への小旅行の最後は「せんべい王国」でした。
新潟といえば米、「コシヒカリ」はご飯用の米ですが、それ以外に日本酒、そして米菓と米を使った特産品が盛り沢山に造られています。

「せんべい王国」は栗山米菓というメーカーの工場と見学・体験施設です。
いちばんの売りは手焼きのせんべいです。
e0100772_21524173.jpg

真夏の暑さの中で炭火で手焼きしている様子は見ているだけでも暑そうです。
窓が開いているところを見ると冷房は無しで、職人さんに冷風を吹き出す小さな機械があるだけです。
焼きたてを試食しましたが、香ばしくて歯応えがあって、さすが本場のせんべいです。
e0100772_21575474.jpg

「ばかうけ」という名の商品がばかうけしているそうで、敷地内に稲荷神社も設置されていました。
”ボリン”と”バリン”が商品キャラクターだそうですが、食欲をそそられるイメージではないのですが・・・ ^^
新潟では受けるのでしょうかね?
e0100772_2261449.jpg



衆議院選挙の公示
いよいよ選挙が始まりました。といっても現実にはもう中盤戦に入っているようなものですが。
「政権選択」が争点になっていますが、もし本当に政権が交代することになれば、日本の戦後政治の節目になるのでしょう。
私が選挙権を持つようになってから44年間、なんど失望を味わったことか数え切れませんが、
今度こそ希望が叶いそうな気もする一方で、選挙は水物、蓋を開けてみるまで分からない、と囁く声も聞こえてきます。
一億人の有権者の現実を直視して未来を考える良識に期待したいです。
[PR]
by kitanonezumi | 2009-08-18 22:17 | 旅行


<< 新潟への小旅行-最終回:雲海 新潟への小旅行-その9:豪農の... >>