新潟への小旅行-最終回:雲海

延々とアップしてきました新潟への小旅行の写真もようやく終わります。
長岡花火大会と合わせると、半月以上も新潟関連で費やしてしまいました。
最近は道外への旅行は一年に1,2回あるかないかですので、アップにもついつい力が入ってしまいます。

帰りも新潟空港から16時発のANA便でした。
空港ロビーには白根大凧合戦に使われる大凧が飾られていました。
凧の大きさは畳24枚分、重さは約50Kgだそうです。今年はやはり直江兼続が人気だったようです。
e0100772_21341734.jpg

離陸後、水平飛行に移ってデジカメを使用してもよくなるとすぐに窓にへばり付いてシャッターを切りました。
雲が下からどんどん湧き上がっているように見えます。上昇気流があって天気が悪くなるのではと思われます。
e0100772_21423446.jpg

次第に雲が厚く繋がって、絨毯を敷き詰めたようです。もっと上空にも雲があるようで、そこから光がさしこんでいます。
雲の上面に筋状の模様があるのが不思議というか、面白いです。
夕方に東へ飛んでいるということは、夕闇に向かって進んでいることになり、光が少しずつ赤みを帯びてきています。
e0100772_228419.jpg

雲の海から高い山が頭を突き出しています。
向こうに見える富士山の形をしているのは岩木山(津軽富士)ではないかと思うのですが・・・?
とすると、手前の山並みは八甲田山ではないかと?
一幅の絵画を見ているような素晴らしい眺めでありました。
そんな情景を、RICHO CX1はとてもよく写し撮ってくれました。
e0100772_2251630.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2009-08-19 22:08 | 旅行


<< 北冷西暑 新潟への小旅行-その10:せん... >>