蛯谷漁港からの駒ケ岳

道央自動車道は八雲で終わり(10月10日からは八雲―落部間が開通)、それからは国道5号線を走って函館へ向かいます。
最後の休憩地点は森町の蛯谷漁港です。駒ケ岳がきれいなシルエットを見せていました。
e0100772_22292772.jpg

札幌から函館までの長い道のりを走っていて、ようやく函館が近くなったと感じるのは森町に入って駒ケ岳が近く大きく見えるようになってからです。
国道5号線は(JRの函館本線も)駒ケ岳の山すそを回るようなルートになっていますので、進むのにつれて姿がどんどん変わっていきます。
大沼公園から見た駒ケ岳がいちばん形がいいのではないかと思いますが、蛯谷漁港からの眺めはちょうど裏側になるので、右左が反対に見えます。
二つの峰を上にのばしてつなげると、大噴火で失われたかつての山体が想像されますが、富士山型の姿のいい高い山だったのではと思われます。
e0100772_22432653.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2009-09-20 22:43 | 旅行


<< 夕焼けを背に 豊浦噴火湾PA >>