ヤマブドウ

自宅から駅までの途中の沢にヤマブドウが生えていて、季節を先走って紅葉の盛りです。
e0100772_22114465.jpg

沢筋の一つがほとんどヤマブドウで埋め尽くされています。
ここだけを見ると2万人近くの人が住んでいる団地の中とは思えません。
もともとの自然植生ではないと考えられますが、豊かな自然を感じます。
e0100772_22184957.jpg

ヤマブドウの実はとても酸っぱいのですが、霜にあたった後にはけっこう甘くなるので、子どもの頃にはよく食べて口のまわりを紫色にしていました。
ヤマブドウの実を一升瓶に入れて脱脂綿で栓をしておくと醗酵して、美味しいぶどう酒になりました。
昔、我が家も含めて隣近所の大人がよくやっていましたが、いま考えると密造酒だったのですね。
e0100772_22272429.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2009-10-12 22:28 | 自然散策


<< 稲刈り オンコの実 >>