秋の林を

e0100772_21104331.jpg

旭川で訪問した知人のお宅は素敵な林に隣接しています。
カラマツとストローブマツがかなり高い密度で立っているので、下草が少なくて散策するには格好の林です。
地面は長年にわたって降り積もった落ち葉でふかふかしています。
知人のお孫さんは我が家の子とすぐに仲良くなってくれて、一緒に林の中を散歩しました。
あと半月もするとカラマツの葉が黄金色になると、さらに見応えのある気持ちの良い林になることでしょう。

幼い子たちが楽しそうに遊んでいるのを見るにつけ、この子たちにきれいな環境の地球を、戦争の無い平和な世界を、
格差の無い安心して暮らせる社会を残してやらなければ、とつくづく思います。
[PR]
by kitanonezumi | 2009-10-15 21:33 | 人物


<< 岩見沢SAの夕焼け 紅葉の旭山 >>