札幌市電

e0100772_2224954.jpg

先日、札幌医大の近くまで行った時に久しぶりに市電を見ました。
私が学生だった昭和40年ころは市電の全盛期で、11路線に運転系統が12もありました。
学校にもアルバイトに行くのにも市電に乗って通いました。朝夕のラッシュ時間帯には連結車両も走っていました。
料金は忘れましたが、たしか始発電車は5円か10円の割引があって、早起きは三文の徳を体感しました。
現在は3路線がかろうじて存続し、すすきのと西4丁目の間を往復しているだけで、かつての全盛期を知る者としては寂しい限りです。
確かに地下鉄は早いのですが、レトロな市電に感じる身近さがなく、都会の慌ただしさが溢れているような気がします。
現在の路線も存続が危ぶまれていたのですが、上田市長が存続を決めたということで、札幌市民ではないのですが、一安心です。
e0100772_22211540.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2009-10-17 22:21 | 札幌


<< 「若い女の像」 岩見沢SAの夕焼け >>