記憶喪失

e0100772_204748100.jpg

古い写真を整理していると、何時、何処で撮ったのか、まるで記憶がない写真に出会うことがあります。
上にアップした写真も日付が入っているので、平成10年(1998)10月31日に撮影したことは分かるのですが、何処であるかをまるで覚えていません。
毎日のことを割と真面目にメモしている方なので、平成10年の手帳を引っ張り出して見たのですが、肝心な部分の記録が一週間ほど抜けています。
平成10年といえば上川管内の比布町に赴任していた時です。
おそらくどこかへ出張した帰り道の峠で、まだ紅葉の残っている山間にたなびく朝もやがきれいだったので、車を止めて写したものと思われます。
灰色の脳髄の底に沈んだきり浮かび上がってこない記憶の一つである証拠写真を前にして、もどかしくも情けない思いがしきりです。
[PR]
by kitanonezumi | 2009-11-08 21:03 | 風景


<< 落ち葉の中で 表側の駒ケ岳 >>