ちざきバラ園を惜しむ

e0100772_22283956.jpg

三日ほど前のニュースで、札幌の藻岩山のふもとにある「ちざきバラ園」が今季限りで閉鎖されることになったと報じていました。
ちざきバラ園は、道内建設大手だった地崎工業社長の私邸庭園が発祥で、約1・8ヘクタールの園内に約400種、4千株のバラが植えられていました。
地崎工業の経営破たんのために所有者が変わった後も開放されていましたが、入場者の減少によって維持管理が負担となったのが理由とのことです。
栄枯盛衰は世の倣いとはいえ、札幌市内が一望できる素敵なバラ園が無くなるのを寂しく思います。
まだ多くの観光客で賑わっていたころのちざきバラ園の写真を在庫の中に見つけたのでアップします。
[PR]
by kitanonezumi | 2009-11-29 22:31 | 札幌


<< 松本城 秋止符 >>