つかの間の青空

e0100772_21594442.jpg

今朝は朝から澄み切った青空が広がり、玄関先につるしてある温度計も6℃をさして、この季節としてはとても暖かい。
かみさんは洗濯日和とばかりに洗濯機を回し、私は窓ガラス拭きでもしようかなという殊勝なきもちになっていました。
そんな気持ちをあざ笑うかのように西の方からどんどん雲が押し寄せてきて、10時ころにはとうとう雨が降り出し、慌てて洗濯物を取り込む始末。
その後も一進一退といった按配で結局は窓ガラスの清掃はせず仕舞い、肩透かしをくったような中途半端な感じで過ごした日曜日でした。
[PR]
by kitanonezumi | 2009-12-06 22:13 | 風景


<< イコロとキロル ボーイング727 >>