エルムの杜

e0100772_2311541.jpg

北大のキャンパスは通称「エルムの杜」と呼ばれています。
とくに農学部と理学部の間のローンには楡(エルム)の大木が林立していて、夏には素敵な緑陰を楽しむことができました。
しかし、楡の木たちも寄る年波には勝てず、内部の腐朽が進んで強風で倒れたり、危険回避のために伐採されて、大きな木が少なくなってきました。
葉が生い茂った夏の楡の木は立派ですが、葉を落として枝だけになった姿もなかなかいいものです。
e0100772_2316267.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2009-12-12 23:16 | 風景


<< 和歌山城 旧北大農学部図書館 >>