今朝の公園

e0100772_22561793.jpg

オホーツク海側の留辺蘂では80cmを超える雪が降ったとニュースで報じていました。
今回の低気圧は北海道の南側を通るコースを辿ったため、道東とオホーツク海側に暴風雪をもたらしました。
ふつうは春の3月頃によく見られる低気圧のタイプなのですが、真冬の1月には珍しいようです。
やはり気候が変わってきているのではないかと思われてなりません。

札幌では雪まつりの雪像に必要な雪の輸送が始まりました。
犬の散歩コースにある小公園での雪の積もり具合は、まだそれほど多くはありません。
例年ですと除雪車が運んできた雪の山が出来ているのですが、今年はまだ山にはなっていません。
雪かきの回数が少なくてとてもうれしい、というのが実感です。
[PR]
by kitanonezumi | 2010-01-07 23:08 | 自然散策


<< 放心のマイケル 樹間の朝ぼらけ >>