天からの手紙

e0100772_22412649.jpg

「雪は天からの手紙である」とは、世界で初めて人工の雪を作り、我が国における雪氷学の泰斗である中谷宇吉郎博士の言葉です。
よく晴れて澄んだ青空に点々と白い雲が浮かんでいる朝のことです。
気持ちのよい空を仰ぎ見ていると、きらきらと光りながらふわふわと雪が落ちてきています。
すぐにカメラを持ち出して何度もシャッターを押しましたが、そのきれいさと不思議さを写し撮ることは難しく、証拠写真としても不十分ですがアップします。

ところで、晴れた日に雨が降るのを「狐の嫁入り」と言うそうですが、雪が降るのは何と言えばいいのでしょうか?
[PR]
by kitanonezumi | 2010-01-12 22:57 | 空や雲など


<< 雪帽子 駒岡清掃工場 >>