雪の花

e0100772_21541141.jpg

駅までの道筋にある沢の枯れたイタドリの枝先に白く小さな花がたくさん咲いていました。
今週に入ってからかなり寒さが増して、さすがに寒の内だと納得させられます。
天気も不安定で朝から晴れていたのに夕方には粉雪がちらついたり、一時的に激しく降ったりしています。
イタドリの本当の花は地味でほとんど目立ちませんが、雪と一緒に咲かせる花はなかなか趣があります。

今朝の3時過ぎに十勝を震源地とする小さな地震があって、江別では震度2でした。
かみさんに言わせるとかなりの揺れを感じたとのことですが、私は全く気づかずに眠りこけていました。 orz
[PR]
by kitanonezumi | 2010-01-15 22:05 | 自然散策


<< 雁行 今冬はじめてのドカ雪 >>