札幌農学校第2農場模範家畜房

e0100772_22505837.jpg

昭和42年(1967)の冬に撮影した北海道大学の北キャンパスにある札幌農学校第2農場模範家畜房の写真です。
札幌農学校の教頭として招かれたクラーク博士の構想によって、1877(明治9)年に新築された一連の畜産施設の一つです。
1階は馬や牛が収容され、2階は乾草の収納庫になっていたそうで、農業建築物としては日本でも最古のものです。
現在は重要文化財として厳重に管理されていて、建物の内部は見学できないとのことです。
100年余を経た今でも、頑丈そうで堂々たるたたずまいに感心させられます。
[PR]
by kitanonezumi | 2010-01-28 23:11 | 建物など


<< 上から見た北大農学部 冬の朝日 >>