深川不動堂

東京での会議の翌日、午後の飛行機を予約して、それまでの時間を使って下町見物をしました。
まずは山本一力の人情時代小説の舞台としてしばしば登場する深川を見に行きました。
都営地下鉄大江戸線の門前仲町を降りるとすぐ近くに深川不動堂がありました。
e0100772_22133723.jpg

このお寺は成田山新勝寺の東京別院とのことで本尊は不動明王、江戸っ子の信心を集めたそうです。
現在は、よく分からないのですが”金運のパワースポット”として、若者たちにも人気があるそうです。
大きくて立派なお寺で、繁盛しているようです。
諸願成就のために1ヶ月間5千円以上の初穂料で、たくさんののぼり幡が立っていました。
e0100772_22242624.jpg

手水台(手洗い場所)には龍神の口から水が流れているのが珍しくて撮ったのですが、
後からネットで見ると深川龍神として、不動堂の有名なアイテムの一つだそうです。
e0100772_2235654.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2010-05-15 22:35 | 旅行


<< サクラ満開 久しぶりの東京 >>