宗谷丘陵

宗谷丘陵は独特の地形をしていて、日本ではないような眺めです。
森進一が歌った「襟裳岬」では「何もない春」とありますが、宗谷岬はさらに荒涼とした感じを受けます。
風の強さを示すように、発電用の風車がいくつも設置されています。
e0100772_23213184.jpg

氷河時代の末期に長い時をかけてこの地形が作られたと、案内板にありました。
地質学的には「周氷河地形」と呼ばれて、北海道遺産にも指定されているとのことです。
e0100772_23294233.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2010-05-28 23:30 | 旅行


<< 紅いベレーの住人 ノシャップ岬 >>