iPad

一昨日からApple社の新しい携帯型パソコンであるiPadに関する話題がマスコミを賑わしています。
普天間基地の移転問題や口蹄疫のニュースと同じくらいの扱いです。
特定の会社の新機種がこれほどに騒がれることは前代未聞で、iPadの出現はまさに社会現象となっていると思われます。
・・・とここまでは他人事のように書きましたが、実は私もiPadを買った一人で、28日に届きました。
e0100772_22282053.jpg

わりと新しいもの好きのミーハーな性格は若い時から今に至るまであまり変わっていないようです。
Appleの製品は昔にMacintoshClassicⅡやPowerBookまで使っていましたが、その後はWindowsに鞍替えしました。
でも、iPodやiPhoneなどそれまでの常識を超えた新しい製品が出るたびに気になっていて、とうとう我慢しきれずに5月10日にiPadを予約したのでした。
実際にiPadを手にとって使ってみて、やはり画期的な製品だと思いました。
まず驚くのは、これまでのパソコンには付き物の分厚いマニュアルが全くついておらず、A6判ほどの紙切れが一枚ついているだけです。
マニュアルなしでも、はじめからすぐに使うことが出来るほどに簡単で、全ては直感的に画面をタッチするだけでネット、メール、ゲームなどが出来ます。
まだ3日目ですので、使っていくうちに欠点も目につくかと思いますが、今は珍しさを楽しんでいます。
[PR]
by kitanonezumi | 2010-05-30 22:47 | その他


<< 八重桜 紅いベレーの住人 >>