樹陰一刻値千金

夏の太陽がじりじりと照りつける時、暑さを逃れて冷房の効いた喫茶店に入るよりも、樹陰で自然の風に肌をさまして一服する方が健康にいいような気がします。
道庁赤レンガ庁舎の前庭ではこの時期、樹陰で涼を求めている人を見かけます。
e0100772_22372827.jpg

木陰で読書の一刻、豊かな時間を過ごしているように見えて、うらやましく思いながら打ち合わせの場所へと急ぐ私でした。
[PR]
by kitanonezumi | 2010-07-10 22:50 | 札幌


<< 満三歳 小さな夕焼け >>