歳月を経て

e0100772_22281979.jpg

今年になってから天気のいい日に時々、札幌駅前からバスに乗り継ぐコースを変更して、電車で桑園駅まで行ってそこから職場まで歩いて出勤しています。
約2kmほどの距離ですが、途中の道筋でいろいろな建物や庭などを見ながら歩くのが楽しいのです。
先日も札幌では残り少なくなっている古い住宅を見て、思わずシャッターを押しました。
かつてはお洒落で立派な家だったと思われます。
北国の厳しい風雪の歳月を重ねるうちに、、またいつの時点においてかメンテナンスを放棄されてしまったようで、いつしか古色蒼然たる姿になったのでしょう。
住人にどういう事情があったのかは知るよしもありませんが、そうした人の歴史も飲み込んでなお、その家はなにかしら威厳を放っているようです。
[PR]
by kitanonezumi | 2010-07-12 22:47 | 札幌


<< フランスギク 満三歳 >>