緑深まる

e0100772_23155441.jpg

緑が鮮やかに広がる水田に沿った道路に連なる車の列と、降りしきる雨の中を歩いている傘や合羽の集団。
もしかして事故?と思われるかも知れませんが、先日、空知管内妹背牛町で開催された水稲直播ワークショップにおける現地ほ場見学の一コマでした。
「田植え」の言葉で象徴されるように、稲の栽培では育てた苗を水田に移植するのが普通です。
しかし、田植え方式の栽培では多くの労力と経費がかかるため、種籾をそのまま水田に播く方式-直播の研究が進められ、少しずつ広がり始めています。
e0100772_23275020.jpg

直播方式で栽培されている水田です。
春先の異常な低温で農作業や作物の生育遅れが心配されましたが、6月の高温経過のおかげで平年並みにまで挽回しています。
札幌ドームのアリーナが二つ以上も入る広さの一枚の水田です。
大型機械が効率的に動けるように基盤整備が行われ、レーザー光線を使って真っ平らに田んぼを均す機械があってのことです。
天候が順調に推移して、実りの秋を迎えられることを願っています。
[PR]
by kitanonezumi | 2010-07-14 23:43 | 旅行


<< 甕のある軒下 フランスギク >>