小さな花火大会

昨年の夏は、二日間で2万発を打ち上げるという国内の三大花火大会の一つに数え上げられている、長岡花火大会を見ました。
そして、今年の夏は自宅近くの公園で町内会が主催する七夕祭りの花火大会を見ました。
二つを比較してあれこれ言う気はなくて、それぞれにそれなりの思い出と写真を残して、夏は終わろうとしています。
e0100772_22305337.jpg

コンパクト・デジカメの性能はどんどん良くなっていますが、夜のシーン、とくに花火などの情景を写すには、
やはりデジタル一眼レフカメラが適していることを実感します。
ISO感度を6400に設定して、手持ちでパチパチと連続してシャッターを押すことが出来るので、チャンスを逃すことが少ないと思います。
e0100772_22362876.jpg

大きくても、小さくても、花火は見ていて楽しく、大人も子どももうれしくさせてくれます。
[PR]
by kitanonezumi | 2010-08-08 22:39 | 人物


<< 頑張る町内会 七夕 >>