頑張る町内会

これまでにも何度か書いてきましたが、私の住んでいる団地はいち早く高齢化が進んでいます。
団地内を歩いていても出会うのはお年寄りばかりで、子どもを見かけるのは稀です。
そんな団地の状況だからこそ、町内会で主催する子どものための行事には力が入るようです。
七夕の夜のささやかな花火大会にも、参加しているのは子どもよりも大人の数が多いかも知れません。
e0100772_22584616.jpg

でも、最近になって少しずつ世代の交代が進んでいるようで、空き地にも住宅が建てられている光景も見られます。
就学前の幼い子どもや小学生が遊んでいる姿も、以前より多く見かけるようになっています。
何と言っても子どもは未来の礎(いしずえ)です。元気な子どもがいてこその健全な社会です。
子どもたちのための行事に、町内会のお年寄り達が頑張るわけです。
e0100772_237815.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2010-08-09 23:08 | 街の風景


<< テングタケ 小さな花火大会 >>