豊作予想

先日の墓参りの途中で産地直売の店に寄りました。
店の周囲には水田が広がっています。
どの水田にも重く頭を垂れた稲穂が隙間なく立っています。
4,5月の低温で先行きが心配されましたが、6月の高温と7月はやや日照不足だったものの気温は高め、そして8月も好天でした。
そんな気候経過のおかげで、イネの生育は順調そのもので、大豊作が予想されています。
9月に台風の襲来がなければ、豊作のまま稲刈りも平年よりも早く終わることと思われます。
e0100772_22455442.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2010-08-21 22:46 | 風景


<< 馬鈴しょ収穫の始まり 鮮烈な色彩で >>