ツユクサ

e0100772_22432920.jpg

花だけを見ると実に可憐で、花びらも空色に近い青が上品で、どこぞのお嬢様のような姿・形をしています。
しかしながら、その実態は生命力が旺盛で、茎を蔓のように長く伸ばして他の草花を圧倒しています。
我が家のように管理の行き届かない家庭菜園では、雑草のように我が物顔に繁茂している困りものです。
朝に咲いた花が昼には萎んでしまって、朝露のように儚く見えることから露草と名付けられたそうですが、名と体は一致していません。
北海道ではお盆の頃から咲き始め、俳句では秋の季語となっているとのことです。
[PR]
by kitanonezumi | 2010-08-23 22:59 | 自然散策


<< タマゴタケ 馬鈴しょ収穫の始まり >>