胡蝶蘭の生産工場

先日、赤平市にある胡蝶蘭を生産している農場を見学してきました。
小学校の体育館よりも広い、8棟の大きなビニールハウスが連なっている農場で、赤平オーキッドという会社が経営しています。
e0100772_20582620.jpg

かつて胡蝶蘭は増やすのが難しかったことから、とても値段が高い高級な花でした。
例えば花ひとつが千円、5つの花が着いている鉢だと5千円くらいというのが相場で、主に贈答用に使われていました。
しかし、メリクロン苗といって試験管で組織培養する手法で増やすことが出来て大量に生産されるようになってから値段はぐっと下がりました。
この農場はもっぱら組織培養法で一年を通して胡蝶蘭を生産していて、東北地方以北では最大規模の農場だそうです。
ハウスの中では沢山の花茎を整えられた立派な胡蝶蘭の鉢が出荷を待っています。
e0100772_2174248.jpg

私も公宅の隣に住んでいた先輩の感化を受けて、カトレアや胡蝶蘭を何鉢も育てていたことがありましたが、引っ越しなどで全て無くしてしまいました。
昔はなかった鮮やかなオレンジ色の品種もあります。
e0100772_21124439.jpg

農場の一角で直販もしていて、街の小売店で買うよりも値段は安かったです。
私も特価品の小さな鉢をひとつ買って帰りました。
昔を思い出して、もう一度ランを育ててみようかという気になりました。
e0100772_21153351.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2010-09-03 21:17 | 旅行


<< 清流 楽しい水遊び >>