相生橋

相生橋は隅田川に架かる橋です。埋め立てで出来た島である月島と深川をつないでいます。
橋が無かった時代には、築地や深川からは佃の渡しと月島の渡しなどの渡し船に頼るしかなかったということです。
6車線の車道と両側に歩道があるかなり幅の広い橋で、昔は路面電車も通っていたそうです。
e0100772_21464965.jpg

明治時代から何度か架け替えられたようで、橋のたもとにあった説明版によると現在の橋は平成10年に完成しました。
相生橋の名前の由来について説明版では上流の永代橋と相対する橋として名付けられたとのことですが、
Wikipediaでは、この橋がはじめ長短二橋で構成されていたことから「相生の松」に由来して採られたということで、どちらが本当なのでしょうね。
e0100772_21523314.jpg

橋の下をくぐってだるま船がタグボートに牽かれて上流に向かっていきました。
近代的な高層マンションとだるま船という取り合わせは、ちょっと不思議ながらも新鮮でのどかな感じがしました。
だるま船という言葉を知っている人も少なくなっているのだろうなと、ふと思いました。
e0100772_224588.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2010-09-21 22:04 | 建物など


<< 月島・路地裏通り 佃島・大川端リバーシティ >>