月島もんじゃ通り

月島の表通りから道路を一本中に入ると、有名なもんじゃ通り、別名もんじゃストリートがあります。
正式には月島西仲通り商店街と呼ぶそうですが、これでもかというくらいにもんじゃ焼きの店が軒を連ねています。
それにしても、商店街の統一を図ったつもりなのでしょうが、それぞれの店の個性をみごとに消してしまっているのはいかがなものかと思いました。
e0100772_22503146.jpg

平日の午前中だからでしょうか、人通りが少なくて閑散としています。夜になると賑わうのでしょうか。
そんな中で一軒だけ人だかりのしている店がありました。どうやら修学旅行中の中学生のグループのようです。
たぶん、口コミかネットで評判の店のようで、東京へ行ったらぜひ寄ってみようということなのでしょう。
e0100772_22534028.jpg

昭和の時代、東京の下町ではもんじゃ焼きはどこの駄菓子屋でも必ず売っていたおやつだったそうです。
もんじゃの名の由来については各説あるようですが、焼くときにタネで文字を書いて遊んだことから、
「文字焼き」>「もんじ焼き」>「もんじゃ焼き」となったとの説が説得力があって、一票入れたい感じです。
[PR]
by kitanonezumi | 2010-09-24 22:58 | 旅行


<< 都会の中の漁船 月島・路地裏通り >>