ベロタクシー

e0100772_2244312.jpg

道庁赤れんが庁舎の正門前で見かけたベロタクシーです。
ベロタクシーとは1997年にドイツで開発された高性能な自転車タクシーのことで、実用面はさておき、環境に対する啓発活動としての面が主なようです。
車体を使った広告が主な収入源だそうで、環境問題に関心の強い企業や団体がスポンサーになっています。
二人のお客を乗せた満面の笑顔が素敵なドライバーは、見たところかなりのお年のようで、駆動力として大丈夫かやや心配ですが・・・
強力な電動アシストがついていて、道路状況・乗車人数・体力などに応じて調整しながら6〜8時間営業できるとのことです。
観光地によくある人力車と同じくらいに乗るのがちと恥ずかしく、勇気がいるような気がします。
[PR]
by kitanonezumi | 2010-10-28 22:59 | 札幌


<< うろこ雲 初雪 >>