晩秋の岩見沢神社

もう先月の話ですが、初孫の七五三と二人目の孫の百日祝いのために岩見沢神社へ行きました。
明治18年(1885)に本州各地から岩見沢に移住した開拓者たちによって創建されたということですから、既に125年の歴史があります。
奈良で見た神社仏閣の千年を超える歴史とは比べものにはなりませんが、道内では有数の古さの神社です。
最盛期をやや過ぎていましたが、境内の紅葉がきれいでした。
e0100772_22283798.jpg

紅葉に気をとられていて、肝心の本社を撮るのを忘れていました。
絵馬掛けもちゃんとありましたが、やはり東京の神社などと比べると絵馬の数が少ないです。
空知管内の中核都市ではありますが、人口の減少が目立つ岩見沢の現況を反映しているようです。
e0100772_2235943.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2010-12-02 22:36 | 自然散策


<< エントツ広場のサンタさん 雅楽と吟詠 >>