久々の青空

1月6日の木曜日から途切れることなく続いた雪降りの日が、今日ようやく終わりになりました。
朝から照っている日の光に、屋根から垂れ下がっている雪が融けて雫を落としています。
1月に入ってからブログにアップした風景写真はほとんどモノクロに近いものしかありませんでしたが、久々に青空を撮ることが出来ました。
e0100772_220954.jpg

駅までの道筋にある歩道が拡幅されたので、ゆったりと歩くことが出来ます。
道路の反対側にある木立の影がやわらかな縞模様を描き出していました。
e0100772_224153.jpg

久々の青空に気持ちも軽やかになりましたが、今日は二十四節気の”大寒”です。
まだまだ厳しい冬の真っ最中であることに、気を引き締めなければと自省の一日でした。
[PR]
by kitanonezumi | 2011-01-19 22:09 | 自然散策


<< 十六夜の月 雪の表情 >>