十六夜の月

帰宅の電車を降り駅から外に出ると、夜空の低い所に赤くて丸い月が見えました。
今日は満月か?と思ったのですが、暦では満月は昨日で、今日は十六夜でした。

ネットで十六夜を調べたら、
「十六夜の月は、十五夜の月よりも50分ほどおそくのぼってきます。
いざよい(いざよい=ためらい)ながらのぼってくるように見えるので、
「じゅうろく」と書いて「いざよい」と名付けられました。」

e0100772_2233482.jpg

なるほど、全盛期を過ぎてしまうと、顔を出すにも遠慮のいるものなのか・・・。
我が身にひきかえて心しなければ、と考えさせられる今夜の月でありました。
[PR]
by kitanonezumi | 2011-01-20 22:04 | 自然散策


<< 不在の家 久々の青空 >>