哀悼

想像を絶する巨大な地震と津波で、多くの町が破壊され、多数の人命が失われました。
甚大な被害の有様を次々に映し出すテレビを、ただ呆然と眺めるだけの昨日、今日でした。
さらに追い打ちをかける原子力発電所の事故は、チェルノブイリの悪夢を思い出させるもので、無事な終息をひたすら願うのみです。
地震発生から2日が経過してなお被害の全貌は明らかでなく、行方不明者も1万人を超えるとのことです。
一刻も早い救助・救援活動と、行方不明になっている方々の生存をただただ祈りたいです。
e0100772_2234977.jpg

昨年の12月に東京へ行った折、三陸海岸の上空をとぶ飛行機の窓から下の景色に見とれながら写真を撮りました。
町の名前は分かりませんが、おそらく今度の津波に襲われて壊滅的な被害を受けて、
無残な姿に変わってしまったのかと思うと、言葉もなくただ胸が痛みます。
[PR]
by kitanonezumi | 2011-03-13 22:05 | 風景


<< ご主人、まだかな ぬくぬくと・・・ >>