氷のちぢみ

昨日アップした写真は橋の上から眺め下ろした風連別川でしたが、川上側の風景でした。
川下の方を見ると、川面の融け残っている薄氷が面白い模様を描いていました。
京都の伝統的な織物で”京ちぢみ”というクレープのように伸縮性のある布によく似た模様です。
e0100772_2134182.jpg

京ちぢみは横に伸縮性がありますが、この川にできた氷のちぢみは縦に伸縮性のある模様です。
上流から流れてきたシャーベットのような薄氷がせき止められて、次々に折り重なっていったようです。
これも自然が見せてくれる不思議な造形の一つです。
e0100772_21394633.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2011-03-20 21:40 | 旅行


<< 早春の日本海 春が間近な風連別川 >>