早春の日本海

初山別村から札幌への帰りに乗った高速バス”特急はぼろ号”は、留萌市まで国道232号線をひた走ります。
国道232号線は”オロロンライン”の愛称を持ち、ルートの大半が日本海の海岸沿いです。
バスの車窓から見る日本海は、灰色がかった重たい冬の色ではなく、やや薄いエメラルド・グリーンの春の色になっていました。
風も弱くおだやかな日和ではありましたが、幾重ものうねりが岸に打ち寄せていました。
e0100772_2285038.jpg

よく晴れて澄んだ青空が広がっていましたが、、まだ冬の名残を思わせる灰色の雲が浮かんでいます。
水平線のはるかかなたに、かすかに天売島と焼尻島が見えました。
e0100772_2216289.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2011-03-21 22:16 | 旅行


<< 進む雪融け 氷のちぢみ >>