始動

今日は統一地方選挙の前半戦、北海道知事選挙の投票日でした。
うらうらと暖かい春の日差しに誘われて、投票所となっている近くの小学校まで歩いて行ってきました。
公園のグラウンドでは、残雪の隙間に開いた土の上で、少年野球の練習が始まっていました。
今週にはプロ野球も開幕するとあって、遅い春の訪れにしびれを切らしての練習開始と見受けました。
ひと頃はサッカーに押され気味のようでしたが、北海道ではまだまだ野球の人気は衰えていないようです。
e0100772_21563810.jpg

それにしても地方選挙は盛り上がりがありません。
なかなか進まない大震災の始末と、原発事故が今も予断を許さない状況の中では無理もありません。
それと、これほど規模の大きな災害に対して、自治体の無力さが露わとなって、結局は国に頼るしかない現状への無力感も関係あると思われます。
三割自治と言われるように、これまでの国の施策のせいでもありますが、地方自治体はもっと体力をつける必要があります。
そのためには箱物行政を改めて無駄をなくし、住民生活の支援と防災力アップに向けて、選択と集中を進めなければ・・・
なんちゃって、ついムキになってしまいました。
e0100772_22123618.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2011-04-10 22:13 | 人物


<< 胎動 フクジュソウが咲いた >>