札幌の開祖

e0100772_2202881.jpg

創成川公園に一体の銅像が設置されています。
頭にはチョンマゲ、腰には刀を差しているので、江戸時代の人と分かります。
銅像の隣に碑文があって、読むと創成川の基となった掘(大友堀)を開削した人物で、札幌の開祖とも言うべき業績を残しています。
神奈川県小田原に生まれ、二宮尊徳に師事、江戸幕府より蝦夷地開拓の命を受けて渡島地方の開拓に従事した後、札幌に移ったとのこと。
e0100772_2220122.jpg

札幌の歴史をたどる時、まず島(義勇)判官の名を思い浮かべますが、その以前に開拓の鍬を入れ、基礎を作った人が大友亀太郎です。
先見の明とリーダーシップ、それと無私の心を持った幾人かの人物に恵まれて、今日の札幌そして北海道があるのだと分かります。
e0100772_2229378.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2011-05-23 22:30 | 札幌


<< 仮面ライダー 創成川公園 >>