札幌教会

昨日、昼食を食べ終えて職場へ戻る途中で友人がこの先に古い教会があると教えてくれました。
少し暑さを感じるほどのいい天気だったので、腹ごなしの散歩がてら見に行ってきました。
先日に訪れたばかりの新しい創成川公園に面した場所にその教会はありました。
たしかに古いけれど、とんがり帽子の塔を伴ったお洒落な造りの教会が、三方をビルに囲まれながらもしっかりと存在感を漂わせていました。
e0100772_22503223.jpg

戻ってからネットで調べると、日本基督(キリスト)教団 札幌教会であることが分かりました。
札幌農学校第一期生の佐藤昌介ほか14名が入信して教団の基となり、明治22年(1889)の正式な発足から数えて120年余の歴史を有します。
写真の礼拝堂も造られてから既に107年も経っているそうです。
たぶん札幌軟石と思われる石造りの建物は堅牢さだけでなく、ステンドグラスが入った丸窓をはじめとして100年以上の歴史があると思えないほどのモダンな雰囲気です。
e0100772_2325363.jpg

札幌の昔を偲ばせる建物がきちんと残されているのはうれしいですね。
[PR]
by kitanonezumi | 2011-05-27 23:06 | 札幌


<< 若葉が萌える北大中央ローン 登別から来た青鬼さん >>