浜松八幡宮の狛犬

先月に訪れた浜松で、かつての実家近くにある八幡宮の境内を少しだけ散策しました。
神社といえば狛犬がつきものですが、その姿・形は実にバラエティーに富んでいます。
神社に信仰があるわけではないけれど狛犬には興味があって、機会があれば写真に収めています。
浜松八幡宮の狛犬はオーソドックスな姿・形ですが、それほど古いものではないような感じです。
まず順番からして「阿」の狛犬です。
e0100772_228645.jpg

こちらは「吽」の像です。
行儀良く座っていて、それほど恐ろしい顔をしていないので、どちらかというとその辺で見かける犬に近い(狛犬ですから当たり前?)感じです。
e0100772_2212156.jpg

「阿」像の口の中に何か入っているので、よくみたらお賽銭が入れられていました。
飲み込むわけにもいかずに、ちょっと困っているように見えました。
e0100772_22145920.jpg

[PR]
by kitanonezumi | 2011-05-29 22:15 | 建物など


<< 八幡さま 若葉が萌える北大中央ローン >>